JustoFitホーム JustoFitバージョン1.4.1使用説明書


基本動作

画面

JustoFitには以下の画面があります。

「段落メタ」パネル

パネルメニューに「メタ書式の適用...」コマンドがあり、これを実行すると、文書内のすべてのメタ書式(段落メタ書式にかぎらず)が適用されます。

このパネルを表示するには、「ウィンドウ」→「段落メタ」コマンドを選択してチェックを入れます。

「生成内容スタイル」パネル

生成内容(相互参照を含む)を作成したり削除したりするためのパネルです。

このパネルを表示するには、「ウィンドウ」→「生成内容スタイル」コマンドを選択してチェックを入れます。

XHTML要素の自動更新

InDesign文書でテキストにカーソルを置いたり、メタ書式の適用や生成内容の更新を行ったりすると、JustoFitは各段落・セル・表・ストーリーに自動的にXHTMLタグをつけます。

また、InDesign文書でテキストを編集すると、JustoFitはその段落のXHTMLタグをそのつど自動的に更新していきます。必要に応じて周囲の段落の要素にも影響を及ぼすことがあります。

なぜならJustoFitは、メタ書式や相互参照の情報を、XHTML要素の属性として格納しているからです。

はじめは、タグが勝手についたり動いたりするので、ちょっと驚くかもしれません。

要素名

JustoFitが自動的につけるタグの名前は、XHTMLの仕様にだいたい従っています。

具体的には以下のとおりです。

段落の場合は、段落要素の範囲をちょうどラップする要素がすでにあったとしても、それがxhtml:pでないときは、xhtml:pで重ねてラップされます。

段落以外の場合は、すでに何らかのXMLタグがついているときは、上記要素名に自動的に改めることはせず、それが温存されます。

※要素名の接頭辞「xhtml:」は、XMLでいう「名前空間接頭辞」が「xhtml」であることを意味しており、平たく言えば「xhtml:p」は「XHTMLのpタグ」と大概同義です。名前空間は、異なるスキーマのXML語彙が混在するときに互いを混同しないために利用されるもので、JustoFitでは、すでに既存XML構造を持つInDesign文書でも自動XHTML要素が問題なく更新できるようこれを採用しています。

※InDesignには、文書に関連づけられたXML要素・属性の名前空間URIや名前空間接頭辞を扱う機能はなく、単に識別子文字列の一部としての接頭辞として扱われます。InDesignからXML形式でファイルを書き出したり、XML形式のファイルをInDesignへ取り込んだりする際も、接頭辞はそのまま温存されます。

抑止

XHTML要素の自動更新は、「段落メタ」パネルが表示されていないとき(「ウィンドウ」→「段落メタ」コマンドにチェックが入っていないとき)は、動作しません。

ですので、XHTML要素の自動更新をさせたくないときは、「段落メタ」パネルを非表示にしておくとよいでしょう。

ただしその場合でも、生成内容を作成・更新すると、動作します。

言語

英語版InDesignにインストールすると、JustoFitは、画面表示やメニューが英語になります。



Copyright (C) 2007-2008 UNIT, Ltd. All Rights Reserved.