Metaformatホーム メタ書式記述言語 Metaformat(MFML)仕様 第1版 リビジョン2


概要

組版の自動化や効率化のために、組版調整の自動化は欠かせない一歩である。従来、レイアウトのための共通語彙は多数提案され実用されてきた(CSS・XSL-FO・RTF・ODF等)。しかしこれらの語彙では、書式を記述することはできるが、書式を調整するルールまでは示すことができない。

書式を調整する際のルールは、いわば書式の書式とでもいうべき「メタ書式」であるといえる。組版調整を機械に行わせるためには、このメタ書式を記述して機械に伝えるための語彙が必要である。その需要に応えるため、ここにメタ書式記述言語 Metaformat(MFML)の仕様を定める。

メタ書式を記述するMFML

MFMLは、XML 1.1形式である。

このメタ書式のXMLが従うべきスキーマを「メタ書式スキーマ」と呼ぶ。

このメタ書式スキーマによるXMLをMetaformatML、または縮めてMFMLと呼ぶ。

MFMLの実装系

MFMLは完全に公開された規格であり、誰でも使用できる。MFMLはJustoFitに実装されている。



Copyright (C) 2007-2008 UNIT, Ltd. All Rights Reserved.